会社概要 - 心怡テクノロジー

心怡テクノロジー株式会社は2004年に成立し、世界トップレベルの第三者EC物流サプライチェーン企業で、アリババグルーム傘下のTモールスーパーマーケット倉庫管理サービスの革新サプライヤーで、Tモール国際クロスボーダー物流運営の主体です。13年間の深耕と努力を経て、心怡テクノロジーは複数の世界ベスト500及び国内外の知名企業に倉庫配達一体化サービスを提供する国家4A級物流企業に発展しました。会社のサービスネットワークは世界388個の都市をカバーし、国内に83箇所の拠点と事務所があり、管理倉庫の面積は180万㎡を超えています。同時に心怡テクノロジーは2014年からグローバル化展開を発足し、現在はアメリカ、日本、韓国、オーストラリア、オランダ、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、イタリア、インドネシア、シンガポール、マレーシア、タイランド、ベトナム、香港、台湾などの17カ国と地区で全資本ホールディング子会社を設立し、企業にクロスボーダー輸出入物流サービス、海外ブランド直購入、クロスボーダーファイナンス(特定)一体化サービスを提供しています。

テクノロジーは心怡が発展する駆動力です、心怡はWMS、WCS、OMS、TMSシステムを自主で開発し、それを商品化に実現した物流テクノロジー会社で、国内初のロボットを研究開発してそれを実際の応用に投入した第三者物流会社で、国内初の大型自動化仕分け倉庫及び仕分け自動化を投資した第三者物流会社です。将来について、心怡はアジア最大の知能倉庫物流サービス体系の構築に目指し、知能化+フラットフォーム化は心怡が将来発展する戦略目標です。

我々のビジョン:

企業栄誉: