天下網商の書いた心怡テクノロジーに関する記事——無人倉庫保管とサプライチェーンプロバイダ、心怡テクノロジーの二つの新たな方向性 - ニュース動態 - 心怡テクノロジー

ホームページ>心怡について>会社ニュース

天下網商の書いた心怡テクノロジーに関する記事——無人倉庫保管とサプライチェーンプロバイダ、心怡テクノロジーの二つの新たな方向性

日時:2017-01-19 11:24:00

 

文/天下網商記者 陶旺波

Eコマースの急速な成長をいかして、心怡テクノロジーはプロジェクト物流からEC物流へ転換する発展歴程を経験し、毎日平均で百万の注文書を取り扱うだけではなく、天猫スーパーのコア倉庫サービス業者となった。

今、新しい小売パターンを迎え、業者の更なる基準化、カスタマイズ化の物流ニーズに応えて、心怡科技は倉庫保管サービスをベースに、サプライチェーン管理サービスへ転換して、サプライチェーンサービスプラットフォームになることを目指す。

心怡テクノロジーのCOO邢琳琳は『天下網商』記者の取材を受けたとき、2017年心怡テクノロジーは引き続き知能化物流を配置するとともに、次第にサプライチェーンの全リンクサービスを強化すると言った。

天猫スーパーの旧倉の知能化改造のほか、心怡テクノロジーは去年すでに試運転に利用された嘉興自動倉庫を全面的に運営に投入し、また、天津で全国最大規模の自動化倉庫を建設し、引き続き科学化、知能化で企業のために効率的なサプライチェーン管理サービスを提供する予定である。

テクノロジーと知能で最終的に「無人倉庫」を実現

邢琳琳は『天下網商』に、「物流産業、特に倉庫保管サービスを言うと、「馬鹿大粗」の印象に止どまり、極端に人力に依存している低級産業だと認識した人が多い」と言った。

しかし、実際には、過去の2年間、この観念が逆転されており、ますます多くの自動化設備と知能システムは倉庫保管サービスを「品格がある」科技産業へ変えている。

邢琳琳の話によると、心怡テクノロジーは、テクノロジーによる深い改造を行ない、倉庫管理で効率を向上するとともに、人力利用を低減させて、最終的に「無人倉庫」を達成することを目標とする。

紹介によると、心怡テクノロジーは現在、全国で160万平方メートルの倉庫を運営していて、15000名の従業員を所有し、毎年の業務量の成長率が80%、業務量の持続的な快速成長に従って、心怡テクノロジーは人力増加だけで対応するわけではなく、科学化、知能化の道が必然の選択となる。

最終的に「無人倉庫」を実現する目標について、邢琳琳は、心怡テクノロジーが自動化と知能化の二方式を結合している道を歩くと言った。「自動化は剛性的に効率を向上することができるが、知能化はさまざまな差異化の需要を満たすことができて、例えば、大きな受注量の変動。」

心怡テクノロジーが広州で設立した自動倉庫運営センターはすでに使用し始め、敷地面積が10万平方メートル超え、倉庫内の運営効率を少なくとも30%以上アップさせた。2016年「ダブル11」期間に、心怡テクノロジー広州運営センターは自動化設備、知能情報システム、倉庫管理システムなどの効果的な結合によって、毎日平均数百万件の注文書を取り扱うことができ、取扱能力は全国の第1位にある。

2016年、心怡テクノロジーの第2個の全自動化選別センターは、菜鳥と協力方式ですでに嘉興で試運転し、2017年全面的に使用に投入する予定である。

その他、2017年、心怡テクノロジーは倉庫に千台の倉庫物流ロボットを利用し、全面的に倉庫内の運営に必要な人力を削減させる。また、心怡テクノロジーは現在倉庫要員にウエアラブル選別設備を配置して、作業員の効率を向上させるよう試行している。

邢琳琳の紹介によると、現在、心怡テクノロジー1.0版の自動化倉庫は一般倉庫より、人力配備が30%ほど削減した。

自動化レベルの向上は心怡テクノロジーが「無人倉庫」目標を達成する手段の一つに過ぎず、ますます複雑な倉庫需要に対して、知能化の倉庫管理を必要とする。

心怡テクノロジーの知的財産権を所有している自主開発のOMS、WMS、TMSなどのシステムは、から注文書管理、倉庫管理から運輸管理コーナーまで、作業プロセスの最適化を実現し、それによって「3分で選別」の作業効率を達成する。

例として、心怡テクノロジーとアリババと協力している「天猫スーパー」倉庫プロジェクトでは、いくつかの特殊な難点が存在していて、例えば、巨大なSKU量、注文量の波動性や製品の大きな属性差など。

邢琳琳は記者に、「天猫倉庫だけで6万数のSKUがあり、各注文に種別や寸法の異なる商品を含むかもしれないので、当日送達には、3分内で1つの注文を選別しなければならなく、非常に難しい。」と言った。

心怡テクノロジーの「WMS」システムは注文を取り扱うとき、できるだけ複数の類似注文を1枚のパッキングリストとして最適化し、そして貨物の体積、種類によって複数の箱型に区分し、箱型によって統合・選別を行なうとともに、システムは自動的に最適化の選別経路を計算し、選別速度を加速させる。

未来、心怡テクノロジーはさらに知能化物流機器の研究開発への投入を強化し、「倉庫標準モジュール化」、「情報識別知恵の効率化」、「管理変動のデータ化」などの手段でだんだん無人倉庫の目標を達成する。


雲倉庫によるサプライチェーン効率の向上

2016年、新しい小売はすでにECないし小売業界全体の話題である新しい趨勢になり、それに従って、企業はサプライチェーンのより効率化と低原価化について要求を提出した。

この発展の勢いに対して、心怡テクノロジーはもはや伝統的な倉庫保管サービスに限定されず、倉庫ブランドから物流サービスプラットフォームへの転換を決め、それによって全リンクのサプライチェーンサービスをカバーする。

邢琳琳は記者に、「心怡テクノロジーの全リンクサービスは二つの特徴があり、すなわちワンストップサービスと一体化サービスだ」と言った。

ワンストップサービスについて、心怡テクノロジーは企業に倉庫設計の企画コンサルティング、倉庫と輸送配送の一体化、情報システムとサプライチェン金融など各工程のサービスを提供する。

クロスボーダー業務について、心怡テクノロジーはオーストラリア、アメリカ、イタリア、韓国など海外で設立した支社を通じて、海外調達から、マーケティング、企画、クロスボーダーファイナンス、代理運営、国内保税倉、EC倉庫や物流配送までの全プロセスサービスを提供する。

一体化サービスについて、心怡テクノロジーはすでに国内で十分に配置して、雲倉庫ネットワークを確立した。


倉庫エリアの分散、中小企業の非集中、貨車運転手などの資源の不一致のほか、同時に中小企業が数多くのECプラットフォーム、店舗、物流、倉庫に対応する必要があるので、倉庫保管物流の消耗が膨大になって、そして効率低下につながる。

心怡テクノロジーの雲倉庫ネットワークは、ちょうど企業のサプライチェーンにけるこれらの課題を解決することができる。

心怡テクノロジーの雲倉庫ネットワークは相対的に成熟なモードを確立し、顧客のニーズと社会の物流資源を集めて、大規模な注文を形成し、そしてビッグデータ、クラウド計算能力で、お客様の売上、出荷法則を総括・予測し、早めに物流資源を準備しておき、時効を上げて、最終的に企業の在庫回転速度とサプライチェーン効率の向上及び、顧客のサプライチェーンコストの低減を目指す。

現在、心怡テクノロジーは全国まで広がっている30数個のRDCプロジェクト、1000以上のサービス拠点、配送ネットワークが全国の318都市まで整備している。

邢琳琳の話によると、雲倉庫モードでは、企業はそれぞれの時期需要に応じて柔軟に倉庫保管スペースを用意し、倉庫貨物の分散による一部倉庫の大量売出、もう一部の倉庫遊休などの課題を解決することができる。

また、それぞれの企業の動的ニーズを集めて倉庫保管スペースを一括購入することで、コスト削減、それぞれの企業の倉庫の分散レンタルによる管理難度、倉庫高コストの問題の解決に役立つ。

最後に、統一の雲倉庫ネットワークでは、企業は全国各地の分倉庫から動的に在庫を調整し、企業従来の販売と出荷記録によって予測し、商品を事前に購入量の大きな地区の倉庫へ保管しておき、それによって地元の配送割合を高める。この貨物の事前準備モードは2016年「ダブル11」期間に十分に機能し、心怡科技の各運営センターの5日間の出荷率は99%を超えた。


邢琳琳は記者に、「在庫があまりに分散し、数多くの服装、靴、バッグ企業はすべてサプライチェーン管理の難題に直面している。心怡科技の雲倉庫ネットワークは、これらの企業が直ちに全面的な在庫情報を入手し、どこの大人気商品SKUに在庫補足が必要か、どこのSKU滞積が深刻でクリア必要があるかについて把握するよう役立つ。」と言った

2016年の「ダブル11」期間に、心怡科技は菜鳥と協同提携によって、ビッグデータで倉庫内の動作を指導し、さらに企業の生産に指導して、商業の在庫削減、資金回転率の向上を目指す。

邢琳琳によると、心怡科技は企業、菜鳥網絡との社会化協同によって、サプライチェーンサービスを豊富に、企業と消費者にサプライチェーンサービスのアップグレードを実感させる。

関係ドキュメント